モテる男になる

モテる男になる

どうせ行くなら、お店の女の子にモテモテな男になりたい!

誰もが抱かれるであろうモテ願望、実は基本的なことを守るだけで結構簡単に叶えられちゃうんです。

 

気前よくお金を使う

なにも豪遊しろというわけではありません。例えば、女の子から私もドリンク頼んでいいですか?と聞かれたら、渋ることなく「好きなの飲みなよ!」と言ってあげましょう。気前のいい人はお客さんとしても男性としても好かれます。ガールズバーは指名制ではないので、1時間の間に2~3回は女の子が入れ替わります。ガールズバーのドリンクは1杯700~1000円程度が平均。3人の女の子にそれぞれドリンクを出してあげたとしても、3000円いかないくらいです。それくらいは気前よく払えるくらいの懐の温かさがない時は、むしろ行かない方がいいのかもしれません。

 

楽しく会話する

え?って思うかもしれませんがこれができてない人ってかなり多いです。話術とか、話の面白さではなく、普通に楽しく飲みながらお喋りできる男になることが大事です。どうしても相手が女の子だと、モテたい気持ちが先行して自分を良く見せようとしてしまいませんか?ある程度は問題ないのですが、一歩間違えると『自慢話ばかりするうざい男』と思われます。ガールズバーの女の子は友達ではなく店員です。客の男の自慢話が始まればすごい!と持て囃して気分よくさせてくれますが、内心はまた始まったよ……と思っています。
初めに書きましたが、話を盛り上げろ!とか面白い話で笑わせろ!とかではないんです。普通に、威張らず、女の子と楽しくお酒を飲みましょう。

 

しつこくしない

なににおいても、とにかくしつこくしないこと!これに尽きます。特にアフターや同伴の誘い、連絡先交換に関してでしょうか。アフターなどのシステムがあるお店も稀にありますが、誘って断られたらすぐ引くこと。これでこの子ともう二度とアフターのチャンスがなくなったと思うかもしれませんがそうではないです。だいたいのお客さんが、アフターや同伴の誘いを断られてもなんでどうしてと渋ったり、間を開けずにすぐ誘ったりし、女の子たちはそんな客にうんざりしています。そんなしつこい客の一人にならないために、断られたらすぐに引きましょう。お店に通うようになったり、一度誘った時よりさらに女の子と仲良くなったなと思ったら、もう一度トライしてみて下さい!または、女の子の方からそういえば~と誘ってくれることもあります!

Comments are closed.