ガールズバーとキャバクラ

ガールズバーとキャバクラ

ネットで調べたり、実際にガールズバーに足を運ぶまでは、ガールズバーとキャバクラは呼び方が違うだけで同じような店なんだと思っていました。働いている子の年齢の違いくらいかな?なんて思ったりしていましたが、実際はかなり違いました。

 

働いている女の子

まず、キャバクラで働いている女の子。露出の高いドレスにメイク・ヘアスタイルバッチリでまさに夜の蝶!といった感じの装いです。そして女の子たちは接客のプロ。お客さんへの気遣いは徹底されており、自身の所作にも気を使っています。そういった細やかな気づかいのきいた接客を受けることで、特別感や非日常感に存分に浸ることができます。
次にガールズバーで働いている女の子たちです。お店によってはコンセプトに沿った制服を用意している場合もありますが、ほとんどのお店が私服で接客をします。働いている子たちの年代は若め。女子大生からOLまで、20代の女の子が中心です。居酒屋でアルバイトするくらいの気軽さで働いている子が多く、接客を期待するよりは等身大の若い女の子と楽しく飲むことを楽しむ場所です。

 

接客方法の違い

キャバクラは女の子が隣に座ってお酌してくれたり、おしゃべりしてくれたりしますよね。対して、ガールズバーは女の子が隣に座ってくれることはありません。バーの名の通り、お客さんにお酒を提供する女の子は言うなればバーテンです。
キャバクラとガールズバーはそれぞれ風営法という法律にのっとって営業されており、キャバクラは接待営業の許可を取っています。お客さんの隣に座る・お酌をする・一人のお客さんに同じ女の子が時間内ずっと接客する……などの行為が接待に当たります。ガールズバーは接待営業の許可のない営業法にのっとっているので、これらの接待行為が行えません。

 

システムの違い

キャバクラは場内指名をすることで、気に入った女の子に時間内ずっと接客をしてもらうことができます。また、女の子の出勤前にお店の外で会い、そのまま女の子の出勤に合わせてお客さんもお店に行く『同伴』や、女の子の退勤後・お店の営業時間外などに女の子と会う『アフター』などのシステムがあります。
しかしガールズバーは指名制度がないため一人の女の子がずっと一人のお客さんに付くことはありません。同伴やアフターなどのシステムもない所がほとんどで、お店によっては禁止されている場合もあるので無理に誘うと出禁になります。

Comments are closed.